なぜかけ算の順序を決めて指導するのか




しばしばネットで「かけ算の問題で、式のかける数とかけられる数を反対に書いたら×にされた」ことが話題になります。

「順番を反対にすると意味が変わってくるので間違い」
「かけられる数とかける数を反対にしても答えは変わらないので×はおかしい」

学習指導要領では、算数科の解説編で「10 × 4は、10が4つあることから、40になる」としていますが、順序については規定していません。

しかし、小学校の算数の教科書は全て順序を定められて書かれています。
それはどうしてなのでしょうか。

学校では「教科書では」順序を決めて教えている理由を、指導者の視点から、解説していきます。

1年生から6年生までの、学習の系統

算数と数学の違いですが、数学は法則に基づいて抽象的に考えることに対し、算数は

  • 具体的な場面を考える
  • 系統的な積み重ねを大切にする

ことを大切にします。つまり、1年生から6年生まで、同じ原理で積み重ねて行かないと、指導の一貫性が崩れてしまい、教えにくくなるのです。

かけ算の場合

1年生 たし算を学ぶ
2年生 たしざんの繰り返しがかけ算(2+2+2+2 =2×4)、九九
3年生 九九より大きな数のかけ算、筆算の方法、倍の計算、交換法則
4年生 小数のかけ算(小数×整数)、分配法則、結合法則
5年生 小数のかけ算(小数×小数)、割合、速さ
6年生 分数のかけ算、比

という系統で学習します。以前の学習が理解している前提で次の学習に進ので、同様のルール(法則)で学ぶことが大切です。

ポイントとなるのは、2年生で「同じ数のたし算がかけ算」と学習することです。つまり「2を4回たす、2+2+2+2を2×4と表す」と学ぶので、その考えと同じ法則で今後も学ぶことが必要になるのです。

3年生ではその発展として、かけられる数(被乗数)とかける数(乗数)の関係

1つあたりの数(単位量)×個数(倍)=全部の数(量)

を、絵に表したり、テープ図、数直線図などで押さえます。

そのことを理解していないと、5年生になって、割合や速度を学習します。

くらべられる量÷もとにする量=割合
距離÷時間=速さ

という公式を覚えている方も多いと思いますが、その根拠は

もとにする量×割合=くらべられる量 (単位量×倍=求める量)
速さ×時間=距離 (1つあたりの量×個数=全部の量)

だからです。公式だけ覚えても理解したとは言えません。
2年生の頃から学習している「かけざんの決まり」は数値や状況が変わっても変わらないから、系統的に指導ができるのです。

言葉の意味

A×Bの場合
Aは、かけられる数(被乗数)
Bは、かける数(乗数)

です。

順番が逆になったら意味が変わる、と指導しています。

   1つの箱にドーナツが3つ入っています。
   その箱が5つあります。
   ドーナツは何個あるでしょうか。

という問題の場合、式は3×5になります。
被乗数と乗数を反対にして(交換法則)に5×3しても答えは15こで変わりませんが、
「5×3だと、1箱に5こ入っていて、3箱という意味だよ」と指導します。

「かけられる数」と「かける数」を反対にしたら意味が変わる のは
次の例を読めば分かるでしょう

① ごはんにたまごをかける
② たまごにごはんをかける
③ たまごをごはんにかける

①は こばんは「かけられるもの」、たまごは「かけるもの」
   式にすると、ごはん×たまご つまりたまごかけご飯です。
②は たまごは「かけられるもの」、ごはんは「かけるもの」
   式にすると、たまご×ごはん つまりご飯かけたまごです。

意味が違いますよね。

①と③は、言葉の順番は違いますが、同じ意味です。
しかし、単純に「数字の順番にかける」と覚えている子どもは
たまご×ごはん にしてしまいます。

子どもたちは「先に書かれている数をかけられる数にする」「大きい数から小さい数を割る」「かけ算の答えは大きくなる」「わり算の答えは小さくなる」ととらえがちです。

「計算の順番には意味がある」「問題の状況と言葉の意味を考える」ためにも、「かけられる数」と「かける数」の違いと順序の意味について知っておくと、理解が確実になるのです。

算数と数学の関係

円周を求める公式を、小学校では、直径×円周率(半径×2×円周率)
と学ぶのに対し、中学校では、2πr(2×円周率×半径)と学びます。


計算の順番が違います。

小学校の場合、「単位量×倍=求める数」という法則に基づいて公式にしているのに対し、
中学校は、「乗法の式は、定数を先に、変数を後に書く」という決まりに基づいているからです。

仮に「数学では2πrなのだから、小学校もこの順番で計算すべきだ」という論になったら、今までの指導の系統から外れてしまうので、子どもは混乱してしまうでしょう。

もちろん、「交換法則を利用した方が楽に計算できる」ときは、それを利用することを「計算のくふう」として推奨されています。

算数は「生活をイメージして考える」ことを大切にしているので、

  • 系統的に学習する
  • 言葉の状況を理解して、生活に当てはめて考える
  • 工夫して、楽に計算する

ことを大切にして指導しているのです。




シェアは下のボタンから

登録はこちらから

freeduは自由な教育を支えフリーランス教師を応援します






学校で働きたい方、先生を探している学校はこちらをご覧ください。