神戸市が中高生に新型コロナウイルスのワクチン接種を検討




神戸市が中学・高校での新型コロナウイルスワクチン集団接種の検討を始めました。

厚生労働省は、6月1日からファイザー社製ワクチンの接種対象となる年齢を12歳まで引き下げました。
これを受けて神戸市が市立の中学校・高校・高等専門学校で集団接種を行う検討を始めました。実施が決まれば、全国初となる見込みです。

神戸市によると接種には保護者の同意が必要で、接種を受けない生徒が部活動で不利益があったり仲間外れになったりしないよう、教育委員会と具体的な方法を協議しているということです。

参考:2021年6月5日 Yahoo!ニュース「神戸市が中学・高校での集団接種を検討 ファイザー製ワクチンの対象年齢引き下げ受け」




シェアは下のボタンから

登録はこちらから



freeduは自由な教育を支え
フリーランス教師を応援します

学校で働きたい方、先生を探している学校はこちらをご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA